話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

らぬ視覚しかくなげなげけどゆる。

ゆるは絶望ぜつぼう単色たんしょくのみよとわれふさぐ。
おもたびつねひとくとなみだすべくなるや。

いやしかし、
絶望ぜつぼうのみの単色たんしょくは、いまはきっとや淡色たんしょくつひには暖色たんしょくにへとつひへたなり。

いまへぬがさちとはへぬとや。

五体ごたい満足まんぞく
これうらめぬいまなりと。

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く