話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

放って置けばいいのに。
放って置けば平和だろうに。
それでも何故なにゆえ構うのだろう。

放って置いて欲しいのに。
放って置いてくれれば微笑えるのに。


言いたい事を言いたいだけ言いたいように言う彼等は何をしたい?
云いたい事を云いたいだけ云いたいように云う彼女等は何がしたい。


 それが何を生むのかわからないのか。


 いいや
言うなということではない。
云うなといいたいわけではない。

 人間なんだから。僕も、お前らも。

言えば伝わるそれが言葉。
伝われば云うそれが詞。

 負のコトバを述べれば連鎖する。

誰が幸せになるのだろう。
あぁ確かに云う者は幸福だろう。
しかしそれは多分一刻いっときの幸福だ。

 負のコトバを述べれば連鎖する。

一刻の幸福を手に入れた者にまた云われた者は言うのだ。



 連鎖連鎖連鎖連鎖連鎖連鎖
 重い鎖だ。
 重い鎖が錆びて錆びて錆びて僕を覆う。
 鎖が僕に痣を付ける
 痛い痛い痛い痛い痛い



 言葉で人間を救えるようにまた、言葉で人間を殺せるのだ。



錆びて僕の耳は聞こえない聴こえない。
錆びで僕の目は見えない視えない。




何も

ない

ここが


白かったら


まだ良かったのにな

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く