話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

好嫌生死喜怒哀楽

僕の、俺の、そして私のうたは、いうなれば
好嫌生死喜怒哀楽コウケンセイシキドアイラク


僕は全ての死を語り、全ての生を語る。
死への希望と生への絶望
死への絶望と生への希望

俺は全ての喜怒哀楽を表現する。
喜びの色
怒りの形
哀しみの味
楽しさの音

私は全ての好きを魅せ、全ての嫌いを云う。
好きという思いを人に魅せる
嫌いという想いを人に伝える

なお、物語は地球上の人の数だけ存在するのであるからして、語りきれない物語はまだ星の数、人の数。


俺の場合、物語やうたなどで表現したほうがスッキリするし、僕的にはうまく状況とか様々なそれを表し、伝えることがしやすい。
だから私は語る。
なんと言われようと、俺が想った事は僕のものなんだよ。
だから、せめて私の邪魔はするなよ、人間共。

























これは、
俺の、私の、僕の…
香月 玄の
語り。

(End)

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く