話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

『愛されたいならその人を愛しなさい』
 そう、よく言うではないか。
それでも私は愛されないんだと、知った。

『愛されたいならまずは自分を愛しなさい』
 そう、よく言われるではないか。
それでも愛されないんだと、微笑った。
外へ涙は流れずとも、内側は海が出来るほど泣いていたんだ。

『…それなら、』
 相手の目には諦め。目は口ほどにものを言うとはこのことらしい。

 アハハ、もういいです。黙って下さい。もうあんたの声は耳障りなんだ。
あぁ、煩い五月蝿いウルサイうるさい。



 お願いだから静寂を。

だって
声を聞くたび手首が
痒いんだ。

(End)




悲哀 悲観 否定 自傷 絶望 惆悵 悲嘆 慨嘆 哀愁  虚無 憂鬱 暗涙 幽愁………

後ろ向きはきっと愛されないから。















愛されたいなら、自分を殺しなさい。 

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く