話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

「またサボり?」

そんな言葉をよく言われる。
あくまで裏で、聞こえよがしに、だが。

『ねぇ、あなたはサボりたくなる人の気持ちがわかりますか?』

サボりたい。その心理は皆誰しも違うものなのです。

貶すことしかできぬ人間には、わからないのでしょうね。

(End)

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く