話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

好嫌生死喜怒哀楽

香月 玄_コウヅキ ハル

不死

 『死にたいやつは死ねば良い』
これが僕の考え。今も昔も変わらぬ考えである。

 昔と変わったことがある。
僕は昔、
『100歳、いや、200歳まで生きてやる』
そんな意気込みを語っていた。
だけど、今の科学じゃあどうせ長く生きられないということがわかって、なおかつ社会の面倒さと厳しさは勿論、人間の理不尽さを覚え、
『早く死ねれば良い』
そんな考えに変わった。

 もう1つ、
『自殺する意味がわかんない。人間どうせほっときゃ死ぬじゃん?』
と、何も知らない僕は思っていた。
違うんだよ。
放っておくその時間ですら嫌だなんだって。

 僕は痛がりだから、死ねない。
だって怖いのだ。


 けど
死ぬのに
 怖いもクソもありゃしないんだよね。

(End)

「好嫌生死喜怒哀楽」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く