少年愛玩ドール

成瀬瑛理

真実の愛、そして永遠

「ローゼフ、ボクも愛されて幸せだったよ…――」
ピノはそう言ってニコリと微笑んだ。
「お前が話しかけるたびに私は嬉しかった。愛らしい瞳で私だけを見つめてくる。それだけでも、私は心が満たされていた。お前がいなければ私は生きてはいけない……!」
彼は心が張り裂けそうになると、ピノの体を両手で抱き締めて涙を流した。ピノは自分の顔に涙が溢れ落ちてくると、手を伸ばして彼の顔にそっと触れた。
「ローゼフ悲しいの……?」
「ああ、そうだ……! お前が私を悲しませているのだ……! 私の心が痛くて今にも張り裂けそうなのはお前のせいだ……!」
「ローゼフ……!」
ピノは悲しんでいる彼の顔を優しく撫でると、一言「ごめんなさい」と言って両目から涙を溢した。
「ボクね、幸せだったよ……。ローゼフに会えて、愛をもらってすごく幸せだった……」
「ピノ……!?」
「だからボクが消えても、もう泣かないで……。ローゼフが悲しんだらボクも悲しいから――」
「ピノ駄目だ……! そんなこと言うな、ピノ……!」
「ボク忘れないよローゼフのこと……。たとえまた愛玩ドールとして生まれ変わっても、きっと忘れない……。ローゼフに貰った名前も、ローゼフと一緒に歩いたお庭のことも、手を繋いでくれたことも、ボクに優しく笑ってくれたことも、ボクの頭を優しく撫でてくれたことも、抱き締めてくれたことも全部忘れない…――」
「駄目だ……! いくな、ピノッ……!」
「大好き……ローゼ……」
「ピノ……!? おい、しっかりしろ! 目をあけるんだ! 私を見ろ! 死んではダメだ……! 私を置いて逝くな……!」
ローゼフは取り乱したようにピノを抱き締めると、体を揺すって声をかけた。でも、ピノが彼の声に返事をすることはなかった。小さな手が地面に下がると、少年は静かに息をひきとった。そして、瞼を閉じたまま永遠の深い眠りについたのだった…――。
ひとつの小さな命が終わりを迎えると、少年の頬にひとすじの涙が溢れ落ちた。ローゼフはピノを抱き締めたままその場で泣き崩れた。そして、少年の体からは小さな魂が離れていった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く