少年愛玩ドール

成瀬瑛理

真実の愛、そして永遠

ローゼフはピノの顔色に気がついた。
「どうしたピノ?」
「ロ、ローゼフ……!」
ピノは急に苦しそうな声で彼の名前を呼んだ。そして、全身の力が抜けたようにぐったりと彼に凭れてきた。ローゼフはハッとなると、ピノの背中に手を回した。すると銀のナイフが背中に刺さっていた。
「なっ、なんてことだ……!?」
ローゼフは慌ててピノを下に下ろすと、背中から銀のナイフを抜き取った。ナイフを抜いた瞬間、背中からは赤い血が流れ出てきた。そして、あっとあっという間に地面は赤く染まった。信じられない光景にローゼフは激しく動揺した。
「ピノしっかりしろ……!」
彼は激しく動揺しながらも、ピノの名前を必死で呼んだ。体を揺すってもピノはまったく反応しなかった。両目は閉じており、口からは血を流していた。その光景はまるで壊れた人形のような姿だった。 ローゼフはその姿を目にすると、頭の中が急に真っ白になった。そして、大きなショックを受けると、彼はそこで言葉を失って呆然となった。血を流して地面に横たわる少年の傍で、ローゼフは震える手でピノの手を握ろうとした。
「一体これは何だと言うんだ……!? 命とは、こんなにも脆いのか……! 何故この子が……!」
ローゼフは冷たくなっていく手を握ると、酷い悲しみに襲われた。アーバンはピノに向かって銀のナイフを投げると、彼は可笑しそうに笑った。
「ハハハッ! ザマーミロ! 私が死ぬなら、お前も道連れだ!」
「アーバン貴様ぁぁああああっ!!」
ローゼフは激しい怒りに燃え上がった。
「フフフッ、そのナイフは只のナイフじゃないですよ……。愛玩ドールを殺す時に使われる物です。確かにマスター以外は愛玩ドールを殺すことが出来ません。しかし、その特赦な銀のナイフなら人形を殺す事は可能なんですよ……!」
「な、何だと!?」
アーバンを問い詰めようとして近づいた瞬間、彼は自ら最後を選んだ。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く