少年愛玩ドール

成瀬瑛理

黒幕

はじめは彼をひどく憎んでいたが、それが愛ゆえに狂気へと走ってしまった彼の想いだと知ると、ローゼフは同情した。
「いいえ、もういいのです……。貴方の愛は他の誰よりも深く。彼女は貴方に心から愛されて、しあわせなドールだったと思います……」
ローゼフはそう言って話すと、彼の手をそっと握った。もうそこには憎しみはなかった。ただ哀れな男の最期の死を看とるように傍に寄り添って優しく話しかけたのだった。
「はぁ……はぁ……きみは本当に優しいな……。さすがマリアンヌ様の子供だ……。きみのその慈愛はまさに、母親譲りだよ……」
「オーランド…――」
「ああ、メアリー……私の……愛しい……――」
彼は最後に少女の名前を呼ぶと、瞳から涙を流して息をひきとったのだった。 ローゼフは突然の悲しみに襲われると、彼の開いていた瞼を右手で静かに閉じた。
「チッ、はずしたか……! どこまでも運の強いお方だ……! だが、次は外しませんよ!?」
アーバンは冷酷な顔でそう話すと、彼に向かって再び銃口を向けた。 ピノは銃を持っている彼の手に噛みつくと、ローゼフに向かってその場で叫んだ。
「ローゼフ逃げてぇっ!!」
アーバンは手を噛まれると、カッとなって叩いて振り払った。ピノが地面に倒れるなり、アーバンは鬼の形相で頭に銃を突きつけた。
「人形の癖につけあがるなよ!」
アーバンは銃口をピノの頭に向けると、そこで引き金をひこうとした。
『ローゼフーッ!!』
ピノは泣き叫ぶと彼の名前を呼んだ。
「そこまでだアーバン!」
ローゼフはステッキを片手に持つと、それを彼に向けた。
「なんだそれは!? それで私を殺せるとおもうのか!?」
「ああ、できるさ! 私を見くびるなよ!」
「何っ!?」
彼は強気な口調で言い返すと、持っているステッキでアーバンを撃ち抜いた。乾いた銃声が時計台の上に置かれている鐘と共に鳴り響いた。それは終焉を描いたような、鮮やかなフィナーレだった――。
「なっ、なに……!? ば、ばかなっ……!」
銃弾はアーバンの心臓を貫いていた。
「何故わたしが……! ばかな……!?」
彼は地面に倒れると、驚いた表情をしながら呆然となった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く