少年愛玩ドール

成瀬瑛理

黒幕

アーバンはピノを人質にとりながら、そこでニヤリと笑った。
「だから貴方達お二人にはもう用はないです。私はこれからは、愛玩ドールを利用したビジネスでお金を稼いでいきます。まず、愛玩ドールを欲しがっている裕福な貴族にこの子を買わせます。そしてある程度その者を満足させたら、その者から人形を取り返してまた売るといったやり方で私はやっていきます。どうですか私の素晴らしいプランは? 名案でしょ?」
アーバンはそう言って話すと、そこで可笑しそうに笑った。
「貴様は狂っているぞ……! 金にとりつかれた亡者だお前は!」
ローゼフは怒りを込み上げながら彼に反論した。アーバンは鼻で笑うと、彼に向かって銃口を向けた。
「――さてと……。随分と秘密をお知りになったようですが、貴方もその方と一緒にここで死んで下さい。とある有名な推理小説作家の作品には、こんな素敵なタイトルがあるんですよ。まさにこの場の雰囲気にふさわしい言葉です。そして誰もいなくなったってね。真実を知った者は消されるべきなのです。それが、この物語の終りを締めくくるにはふさわしいのですから」
アーバンはその言葉を皮切りに、引き金を引いてピノの目の前でローゼフを躊躇いもなく撃った。
「いやぁあああっ! ローゼフーッ!!」
その瞬間、ピノは悲痛な声で空に向かって泣き叫んだ。銃弾が放たれるとローゼフは一瞬、自分の死を覚悟した。するとオーランドが目の前に立ちはだかって彼を庇った。
「オ、オーランド公爵……!?」
咄嗟にオーランドがローゼフを庇うと、再び銃弾が彼を撃ち抜いたのだった。ローゼフはオーランドの行動に驚いてその場で言葉を失った。銃弾を二発も受けたオーランドは地面にバタリと倒れると、体からは大量の血が流れた。ローゼフはそれを目の前に、彼が助からない事を直感した。
「ロ、ローゼフ君……。私は……私は間違っていた……。私はメアリーを愛したゆえに、自分自身を見失っていた……。私にはメアリーしか、彼女しかいなかった……。だから私は愛玩ドールを使って、本物の彼女と愛しあいたかったのだ……。きみを巻き込んで本当にすまなかった……。私はきみが羨ましかったんだ……。どうか、どうか……私を許してくれ…――」
彼は息絶え絶えになりながら心から謝ると、瞳から涙を流した。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く