少年愛玩ドール

成瀬瑛理

黒幕

銃口から放たれた銃弾はそのままオーランドの体を一瞬にして撃ち抜いた。そして、彼の体から流れ出た赤い血が地面におびただしい程の鮮血に染めあげたのだった。
「なっ、何故だ……!? アーバン貴様っ……!」
彼は銃弾の前で倒れ込むと右胸をおさえて、苦しそうな表情を浮かべた。
「オーランド!」
ローゼフは咄嗟に彼の方に目を向けた。オーランドは銃で右胸を撃たれていて、あからさま重症の様子だった。
「アーバン、お前……!?」
ローゼフはアーバンの豹変ぶりに我が目を疑った。そして僅かに怒りで声を震わせた。アーバンは銃で躊躇いもなくオーランドを撃つと、態度を一気に豹変させた。
「くくくっ、2人も揃って愛玩ドールに躍らされて、お互いに憎しみ合って怒りをぶつけ合う様は見てて楽しかったですよ。たかが人形ごときでそんなに熱くなって、本当に滑稽で貴方達に拍手をおくりたい気分です。オーランド公爵、貴方様に話した話しは嘘です。嘘と言っても事実にかわりませんがね……」
アーバンは自分の本性をみせた途端から、銃を片手に開き直った態度をみせた。今の彼には、罪悪感すら感じていない様子だった。狂気と欲望の果てに染まった彼の悪と欲は、人の歪んだ心の黒い部分をさらけ出した。
「ハァハァ……! おのれ、謀ったな……! その人形は男から盗んだと聞いたのに、貴様はそいつを殺したのか……!?」
オーランドは怒りに支配されながらも、彼に質問をぶつけた。アーバンは銃口で自分のこめかみを擦ると、ニヤリと笑いながら話した。
「ええ、そうですよ。偉そうにしてるわりには気づくのが遅いんですね。自分の手を汚さずに手に入れられるくらいなら、私だって殺すのに苦労しませんよ。それにさっき貴方は言ってましたよね? えーっと、たしか貴方は……。あっ、そうだ。こう言ってたのです」
アーバンはワザとらしく、考え込むフリをすると彼に答えた。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く