少年愛玩ドール

成瀬瑛理

激情

「クククッ……! さすがローゼフ様だ! その頭の回転の早さには恐れを抱きます。ええ、そうですとも。私は彼に愛玩ドールを譲ってくれと頼みこみ。大金まで出したのに、あの男は私に人形を譲ろうとはしませんでした。それどころか、彼は信じていたのです。魂を失った人形が再び自分に語りかけてくれるといった奇跡をね――。そう、まるでおとぎ話のような奇跡を彼は信じていたのです。人形を譲る気がないと感じた私は、彼の存在が急に目ざとくなったのです。そして私は考えた。どうすれば彼が人形を譲るかを…――!」
アーバンは悪に染まった心をさらけだすと、彼の狂気はさらに増した。彼が狂気に満ちながらそう話すと、オーランドは顔色が急に変わってきた。月が不気味に青白く輝く夜空の下、時計台の塔は一人の男の狂気に支配された。アーバンはピノを腕の中に人質にしたまま優雅に笑うと、銃口をローゼフに向けて話した。
「私はあの晩、彼の飲んでいるワイングラスに毒を入れたのです。それも強力な猛毒をね、それを一口飲めば、人間一人がたちまち死に至るくらいの猛毒ですよ。何も知らない彼は、それを飲んで死に至りました」
アーバンが真実を話し始めると、ローゼフとオーランドは表情が凍りついた。
「彼は途中、苦しそうに喚いて床の上で虫みたいにもがいていたので。逃げられたらまずいと思った私は、暖炉のわきに置いてあった鉄の棒で彼を後ろから殴りつけてトドメをさしたのです」
アーバンは悪に歪みきった顔でその事をはなすと、何かを思い出すと狂ったように笑いだした。ローゼフはアーバンの衝撃的な話しに震撼すると、人間の歪んだ欲望を垣間見た。愛玩ドールの存在が、一人の人間の心を狂気に駆り立てるには容易いことだった。ピノは狂ったアーバンに脅えると、体を震わせて泣いた。
「彼を殺すのに苦労しましたが、私は念願の愛玩ドールを手に入れて喜びました。何せこの人形を売れば、相当の値打ちがつきますからね。上手くやればお城だって買えますよ。まさに私にとって彼との出会いは、人生で一番ラッキーでした。彼にとって私との出会いは最悪だったかもしれませんけどね……!」
アーバンは目を細めて笑うと、自分の犯した罪を正当化しながら話した。
「彼には悪いですが、死んで自己自得だと思います。愛玩ドールを欲しいと思う人は沢山いるのに、彼はいつまでもその人形を所持して手放さなかった。ましてや彼にはもう、持っている意味は無くなったのに……! だからバチが当たったんですよ、殺されて当然です!」
アーバンの口から語られた真実にオーランドは驚愕すると、唖然とした表情で話しかけた。
「待てアーバン……! 私に話した話とは違うぞ……!?」
オーランドのその言葉を皮切りに、彼はついに本性をみせた。そしてアーバンは躊躇いもなく、彼を銃で撃った。 その瞬間、凍りつくような戦慄が走り抜けた――。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く