少年愛玩ドール

成瀬瑛理

激情

「貴様は歪んでいるぞオーランドォッ!!」
一瞬の隙を突くとローゼフは、彼にめがけて突進してタックルした。オーランドは不意をつかれて倒れ込んだ。ローゼフは激しい怒りに身を任せると、彼の上に馬乗りになって両手で首を絞めた。
「お前のその歪んだ心は、もはや人間ではない! よくも私のピノを傷つけたな! 今すぐ貴様の息のねを止めてやる!」
「グハッ!」
ローゼフは両手に力を入れると、本気で彼の首を絞めた。普段は大人しくて優しい彼だったが、オーランドの陰謀により彼は躍らされ、挙げ句の果てには大事なピノまで傷つけられ、そんな彼の行動にローゼフは怒りを一気に爆発させたのだった。すると突如、空に銃声が響いた。乾いた銃声が、静けさが漂う夜の街に響いた。アーバンは空に向かって銃声を鳴らすと、それを彼の方に向けた。
「ローゼフ伯爵、この子がどうなってもいいのですか!?」
アーバンはピノを人質にすると、彼に銃を向けてニヤリと笑った。
「アーバン、貴様ぁっ……!!」
「ローゼフたすけてぇ!」
「おっと、そこを動かないで下さい。少しでも変なマネをしたら、危うく銃を撃つかもしれませんよ?」
アーバンは上品な言葉で彼を脅した。ローゼフは彼の卑怯なやり口に唇を噛んだ。
「では、大人しくオーランド公爵の傍から離れなさい。出なければ貴方の大事なお人形の顔に、また一つ傷が増えますよ? いいのですか? 貴方にとってこの子は大事なんでしょ?」
「くっ……! なんて卑劣な奴なんだ……!」
彼は悔しさを込み上げると、オーランドの傍から仕方なく離れた。
「この際いい機会だから、私が貴方に教えて差し上げましょう。私が何故、愛玩ドールを見つけたかを…――」
アーバンのその言葉にローゼフは反応した。オーランドは噎せながら立ち上がると、彼の傍から離れた。
「アーバンこの際、教えてやれ! お前がいかにしてその人形を手に入れたかを――!」
アーバンは頷くと、彼に銃口を向けたまま話した。
「私は導かれた運命により、この人形を手に入れたのです。私も最初は疑いました。ですが、彼の話は実に興味深かった。だから私は彼から愛玩ドールを手に入れたのです」
アーバンはそう話すと怪しく笑った。
「彼とは誰だ……!?」
ローゼフのとっさの質問にアーバンは、ニヤリと笑いながら話した。
「いい質問です。彼とは、貴方よりも前のその子のマスターだった方です」
「何……!?」
ローゼフは思いがけない言葉に衝撃を受けた。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く