少年愛玩ドール

成瀬瑛理

激情

「なんて愚かなことを……! 自分が愛した人形に何故そんな仕打ちをするのだ!? そんなこと正気沙汰とは思えない……!」
彼は愕然となると言葉を失った。
「人形とはいえ、愛玩ドールは生きた人形だ……! 痛みを感じないわけではない! 愛玩ドールは人間となんらかわりはないはずだ……!」
彼は衝撃的な事実にショックを受けると、悲しみに暮れた。
「しかし、ローゼフ様。そうしなければ誓約は解除されないのです。それが愛玩ドールの宿命なら尚更です」
「なんて愚かなんだ……! 自分を愛した人形によくそんな残酷なことが……! 貴様は私にそれをしろと言うのか…!? その刃物でピノの心臓を刺せと言うのかお前はっ!」
「ローゼフ……!」
ピノは瞳から涙流すと彼を求めた。アーバンは銀のナイフを彼に渡すと耳元で囁いた。
「愛玩ドールは他の者が殺しても、誓約は解除されません。マスター自身が、自らの手でやらなければならないのです」
アーバンはナイフを手渡すと、オーランドのもとに戻った。
「そうだともローゼフ君。きみも聞き分けができない奴だ。早くその子を殺したまえ、それと一つ言っておいてやる。一度殺せば人形は再び蘇らない。人形を誕生させるのも一度きりだと言っておこう」
彼はそう話すと銃口を向けたままニヤリと笑った。その笑みは僅かに狂気に支配されていた。
「それに私は早く自分のドールが欲しいのだ!」
「何、今なんだと……!?」
「フン……言っただろ。その子を殺して誓約を解除して、元の姿の人形に戻すのだ……! でなければ私はいつまでも自分のドールを誕生させれないだろ!」
「それが狙いかオーランド!」
「ああ、そうだとも! 見るがいい! 私の愛するメアリーを!」
オーランドが指を鳴らして合図をすると、アーバンは人形が座っている車椅子を後ろから押して、それを彼の目の前に置いた。オーランドは人形に被せられていた布を捲り取った。ローゼフは椅子に座らされていた人形を目にすると驚愕した。車椅子には大きなビスク・ドールの少女が座っていた。その大きさは5歳くらいのピノと同じ背丈だった。彼女は虚ろな瞳でローゼフを見つめた。
「見ろ、これこそが私が求めている彼女だ! 私は早くその子を新しく誕生させて、この子の生まれ変わりとなって2人で永遠に愛し合うのだ! それには今の姿のその子が邪魔なんだよ!」
「貴様は歪んでいるっ!!」
ローゼフは一瞬の隙をつくと、銀のナイフをオーランドに向けて投げつけた。ナイフが右手をかすめると、オーランドは銃を地面に落とした。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く