少年愛玩ドール

成瀬瑛理

決闘

「愚かな貴様は私が仕組んだ筋書にまんまと踊らされたのさ! 奴から人形を受け取り、お前はその子を誕生させた! そして何も知らずにその子を愛し、今ではその子が自分の物だと勘違いしている! これ以上、滑稽なことはない!」
オーランドはそう言って話すと、可笑しそうに高笑いした。2人は彼の狂気を目の前に衝撃を受けて戸惑った。
「お前にとっては不利益だが、私にとっては大成果だった。なにも知らないお前がその子を誕生させたことによって、その子が正真正銘の愛玩ドールであることがわかったからな。きみが舞踏会でその子を見せてくれた時は正直驚いたよ。私も愛玩ドールは初めてみるからな――」
ローゼフはオーランドの話を聞くと、その場から質問した。
「だから舞踏会にピノを呼んだのか……?」
)ああ、そうだとも。そうしなければきみは私を屋敷には招待してくれないだろ? アーバンはきみにその子を見せられて本当に驚いていたよ。彼自身もあの人形が本物の愛玩ドールだと言うことは、全くしらなかったからな。私にその子の話をしてた時の顔ときたら、まるでお化けでも見たような顔で驚いていたよ。だから私は舞踏会を開く事を表向きにして、きみにその子を同席させたのだ。そしてなにも知らないきみはその子を舞踏会に連れてきたってわけだ。きみがあの時、私の邪魔をしなければ、私はその子を拐う気だった」
「なっ、何……!?」
「本当にきみは私にとっては邪魔な存在でしかない。私のシナリオに踊らされて、挙げ句の果てには邪魔までして、本当にきみは目障りだよ!」
オーランドは更なる狂気に溺れると徐々に本性を見せた。
「あの日、私の屋敷からピノを拐った男はお前の差し金か!?」
「フン、そうだとも……! 私があの者を金で雇ってその子を拐うように命じたのだ! しかし、あの者はその子を拐うことにしくじった! でしゃばりなお前のせいでな……! お前が余計な邪魔をしなければ、あと少しでその子を手に出来たのに……!」
ピノとローゼフは彼のその言葉に衝撃を受けた。
「ローゼフ……!」
「ピノ……!」
2人はオーランドの衝撃的な事実を目の前で聞かされると震え上がった。そして戸惑った。
「私はお前からどうやってその子を拐おうか考えた。そこで私が考えついたのは、あのローザンヌの手紙だった。まさか本当に手紙に食いつくとは予想外だった。しかし、お前が屋敷を出たおかげでその子を拐うのに手間がはぶけた。アーバンにその子を外に誘い出すように命じたのは私だ。そしてバカなその子はまんまと彼に騙されてついてきたのだ。そう、すべてはお前に会いたい一心でな!」
オーランドはそう話すと、2人の前で可笑しそうに笑いをこみあげた。
「アーバンはお前とその子の関係を知っていた。だから私は彼にその子に揺さぶりをかけるように命じたのだ。お前はその子の不安も何も知らないで、ローザンヌ家に出向いた。確かに拐うことはよくないな、だがそんなに大事なドールだったら何故その子の傍にいてやらなかった? 自分にも非があるとはおもわないのかねローゼフ君?」
彼は優雅な口調でそのことを正すと、ローゼフは唇を噛んで悔しさを込み上げた。
「くっ……!」
「ローゼフは悪くないよ、ボクが悪いの……! アーバンおじさんのはなしを信じたボクが……! ローゼフがボクのマスターで、ボクだけを好きでいてくれる。それだけで嬉しいのに、ボクはローゼフとあのお姉さんのことでヤキモチ妬いたの……。凄く自分がバカだった……。だからごめんなさいローゼフ……。ボクがおじさんのはなしを信じなかったら、こんなことには……。うっうっ……ひっく……」
ピノはひどく反省すると、瞳から大粒の涙を流した。ローゼフはピノを腕の中でぎゅっと抱き締めると優しく笑ってこたえた。
「いいさそれくらい……! お前が私を好きでいてくれる。その気持ちが私はうれしいよ…――」
「ローゼフ……!」
オーランドは2人の深い絆を目の前にすると、激しく怒り狂った。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く