少年愛玩ドール

成瀬瑛理

決闘

彼は静かな殺意を胸に秘めると、銃口をローゼフに向けて狙いを定めた。
「何を言っているオーランド……!? 私はアーバンからこの子を譲り受けたのだ! 私がこの手で彼を誕生させた! だからこの子は私のドールだ!」
ローゼフがそう言い返すと、オーランドは可笑しそうに肩をすくめて笑った。
「きみは本当に愚かだな。アーバンから人形を譲り受けただと? フフフッ、なら本当のことを教えよう」
彼はローゼフの前で真実を語った。
「これは最初から仕組まれていたのだよ。きみが愛玩ドールを手に入れたのも偶然じゃない。私がアーバンから愛玩ドールを手に入れた時点でその子は私の人形だった。しかし、愛玩ドールはそうそうに見れる物ではない。ましてや幻の人形と呼ばれていたものだ。だから私はその確証が欲しかった。その子が愛玩ドールである証拠をな――!」
彼がそう言って話すと、ピノはローゼフの腕の中で酷く怯えた。
「なら、そんなに欲しかったら貴様が自分の手で確かめれば良かったんだ!」
「うるさい黙れ!」
オーランドはカッとなると銃を撃った。弾丸はローゼフの頬を切りつけるようにかすめた。頬からは赤い血が流れた。
「ローゼフ……!? ローゼフ血が……!」
「っ……私は大丈夫だ……!」
オーランドは彼に向かって銃を撃つと、その場で怒りに震えた。そして真実を語った。
「何も知らない無知なお前に教えてやる! 愛玩ドールは一度しか誕生させれないのだ……! 失敗すれば次に魂の儀式が出来るのは100年後になる! いくら私でも、そんなには長くは生きてはいけまいさ! それに確めるだけで気にくわないドールが出来てしまえば意味がない! 私はな、自分が描く完璧なドールが欲しいだけなんだよ……! 私だけを心から愛し、私だけに話しかけ、私だけを見つめる、私だけの愛玩ドールだ!」
彼が事実を話すと、ローゼフは激しい怒りに内震えた。
「なんて人だ……! 貴方という人は最低だ! そんな事のために私を利用したと言うのか……!?」
「フン、なんとでも言うが言い小僧! 私は愛玩ドールを手にいれる為なら、悪魔にこの魂を売っても惜しくなどはない!」
オーランドは彼にそう話すと本性を剥き出した。
「お前に私の何がわかる? 私は人形偏愛者として長年ずっと生きてきた。お前にその苦しみや辛さがわかるか? 周囲からは私は変わり者扱いされて、蔑まされてきた。それがどんなに屈辱的な事か貴様にはわからんだろうなローゼフ!」
彼は激しい怒りを燃やしながら、自身の辛い過去を打ち明けた。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く