少年愛玩ドール

成瀬瑛理

決闘

――闇夜に不気味な満月が浮かぶ頃、ローゼフは街の中心部にある古い時計台の塔に向かった。彼は時計台につくと、気を引き締めて塔の上にあがった。どこまでも続く螺旋階段は、まるで死への階段のように感じた。ローゼフはピノを取り返す為なら、彼と戦う事も意図わなかった。そして、塔の最上階に上ると大きな満月が不気味に輝いているのが見えた。時計台の塔の上は足場が不安定で、何より風が横から吹いていた。少しでも動こうとすれば、足を滑らせて上から下に転落してしまいそうだった。上から見下ろした街並みは小さく、街にはいくつも灯りがともっていた。まるでその光景は、夜の一面に広がる宝石箱のようだった。彼は意を決して、そこから大きな声で話かけた。
「来たぞオーランド、今すぐ私のピノを返せ!!」
ローゼフが大きな声で話しかけると、暗闇から声が聞こえてきた。
「ゼフ……ローゼフ……た、助けて……」
ピノの声に彼はハッとなると辺りを見渡した。すると、時計台の塔にあった柱の隅にピノがロープで縛られていた。
「なんてことを……! ピノ、今すぐ行くぞ!」
彼は慌ててピノに駆け寄ると、柱にくくりつけられていたロープをほどいて助けた。ロープをほどくと、ピノはぐったりして意識も朦朧としていた。そして、顔には殴られた痕があった。変わり果てたピノの姿にローゼフは、オーランドに対して激しい怒りを燃やした。
「オーランドめ……! よくもピノを……! 許さん……! 絶対に許さんぞ……!」
彼は寒さで震えているピノを抱き締めると、優しく声をかけた。
「もう私がきたからには、お前には手出しはさせない。さあ、一緒に帰ろう…――」
「ロ……ローゼフ……。黙ってお屋敷に出て行ってごめんなさい……。ボク、ローゼフがあの人の所に行くのが嫌だったの……。だからボク、ローゼフに会いに行こうとしたの……。そうしたらアーバンおじさんが……! うっうっ……ごめんなさぁい……! わあぁああああん!!」
ピノは泣きじゃくると、彼の腕の中で涙を流して謝った。
「もういい、お前のせいではない……! 私がわるかったのだ……! お前を心配させてすまなかった……!」
「ローゼフお願いボクを捨てないで……! ボクはローゼフの愛玩ドールでいたいんだ……! ローゼフじゃなきゃボクはダメなんだ……! ローゼフが好きだから、大好きだから………! お願いローゼフ、ボクを離さないで……!」
ピノは小さく震えると、勇気をしぼって彼に想いを伝えた。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く