少年愛玩ドール

成瀬瑛理

怒り

ローゼフは今まで感じたこともないような怒りに囚われると、ピノの服の切れ端を強く握りしめて怒りに震えた。
「私の勘が正しければ、ピノを拐ったのはオーランドだ! オーランドは人形偏愛者だ! それに舞踏会の時、あいつはピノに興味を抱いていた……! それにピノが拐われたのなら、なおさら奴が怪しい……!」
「しかしローゼフ様、確固たる証拠がありません……! 証拠がなければ、あとあと我々がフリになります! それに彼は名家の生まれで、名高い貴族であられます! 下手に騒げば大変なことになるでしょう……!」
「うるさいぞパーカス! 私にはわかるのだ……! ピノは間違いなく、あいつに連れ拐われたのだ!」
ローゼフはパーカスにそう言って言い返すと強く主張した。
「いいか、今すぐオーランドの家に使いの者を向かわせろ! 彼が屋敷にいるのか確めるのだ!」
彼が命令をするとパーカスはやむを得ず頷いた。
「わかりましたローゼフ様。では、オーランド公爵の屋敷に使いの者を向かわせます……!」
パーカスは彼の命令に従うと、足早に寝室から出て行った。ローゼフはベッドから出ると、窓辺で2人のことを思った。
「くっ……! オーランドめ……! この私から大事なドールを奪うとは決して許さんぞ……! あれは私のだ! ピノは絶対に渡さないぞお前には…――!」
彼は怒りを込み上げると、感情を剥き出したまま拳で硝子を叩き割った。彼への怒りと憎しみは深く、ピノが連れ拐われたことによってローゼフは激しい怒りに燃え上がったのだった。


そして暫くして、使いの者がオーランドの屋敷から戻ってきた。使いの者がメイドに尋ねると一昨日から留守のことが判明した。それを直ぐ様、パーカスに報告した。
「な、なんと……! やはりそうであったか……!」
パーカスはその報告を受けると、慌てて彼の部屋に舞い戻った。
「ローゼフ様、やはり貴方様の言うとおりでした! どうやらオーランド公爵は一昨日から屋敷に戻っていないそうです!」
「くっ、やはりそうだったか……!」
「さらに彼の情報を集めていたところ、どうやらあのアーバンとも彼は関わり合いをもっていたようです……!」
ローゼフは2人が裏で繋がっていることを知ると、眉をひそめて険しい表情で呟いた。
「オーランドにアーバン……! やはりあの2人は、裏で共謀していたか…――!?」
彼が激しい怒りにうち震えて話すと、パーカスはその様子に驚いた。
「ローゼフ様……!?」
「アーバンがピノの事をオーランドに話したなら、今までのことが辻褄があう……! 舞踏会とは表向きで、本当はピノを確めるために呼んだのだ!」
彼はそう言って話すと、親指の爪を噛んで酷く悔しがった。
「ではローゼフ様、最初からあの方の企みに我々は踊らされていたと言うことですか!?」
「くっ、私はなぜ今まで気づかなかったのだ……! つ……! くそぉっ!!」
ローゼフはカッとなると、目の前にある花瓶をステッキで叩き割った。そして、自分の部屋から出て行った。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く