少年愛玩ドール

成瀬瑛理

消失

ローゼフはローザンヌ家の屋敷に訪れた。彼の突然の訪問に、クルドア公爵は不思議そうに首を傾げた。
「これはこれはローゼフ伯爵ではないか。我が家に何かようでございますかな?」
「え……? クルドア公爵、私に手紙を送りましたよね? 返事も書いたはずですが……。今日、訪問する約束のハズです――」
ローゼフはそう答えると彼に手紙を渡した。
「どれどれ、拝借……」
クルドアは自分が彼に送った手紙を読むと、ローゼフに伝えた。
「すまんがローゼフ伯爵。私を貴公にこのような手紙は送ってはおらん。一体なんのことかさっぱりわからんが、これは何かのジョークかね?」
彼がそう言って答えると、ローゼフは突然ハッとなった。
「確かにこの手紙に押されている封蝋の印璽は我が家のシンボルマークですが、このシンボルマークは似てるようで若干、形が違います。それにうちのシンボルマークには王冠の下に星が5つですが、これには星が3つしかありません。私からとみせかけて、これは誰かが手紙に細工をしたのではないでしょうか?」
ローゼフはその話を聞くと、酷く混乱した様子で座っていた席を立ち上がった。
「ば、ばかな……!?」
「いいですか、ローゼフ伯爵。私は貴公に手紙を書いたことも送ったことも一度もないです。なんなら保安官を呼んで調べてみますか? その方が手っ取り早い――」
クルドアは彼にそう話すと、ありのままの事実を告げた。ローゼフがいまだに信じられない様子でいると、2階の部屋からベアトリーチェが降りてきた。
「まあ、ローゼフ様……! まさか私に会いにきて下さったのですか!?」
彼女は長いスカートの裾を両手で掴むと、慌てて階段を降りて彼の側に歩み寄った。
「いや、そうだったがどうやら間違いらしい……。来て早々にわるいが、私はここで失礼するよ」
「待って下さいローゼフ様……! そうだわ、よければお茶を一杯、私が淹れますわ!」
彼女は嬉しそうな顔で話しかけると、彼の腕を掴んだ。するとローゼフは一言謝った。
「すまん、ベアトリーチェ……。私はきみの気持ちには応えられない…――」
彼がいきなりその事を告げると、彼女は呆然とした表情で立ち尽くした。
「そ、そんな……! ローゼフ様……!」
彼女が掴んだ手を不意に振り払うと、ローゼフは慌ててローザンヌ家をあとにした。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く