少年愛玩ドール

成瀬瑛理

狂気

オーランドは震えるピノを目の前に、落ち着いた様子で優雅に語った。
「きみに特別に教えてあげよう。何故きみがあの青年の手に渡ったかを……」
オーランドが瞳を光らせて怪しく微笑むと、ピノはゾッと寒気を感じた。
「さっきも言ったとおり、きみは私の愛玩ドールになる予定だった。しかし、それには本当か偽り物かを私は見極める必要があった。そこでアーバンは私に話を持ちかけた。彼に人形を試すことを……。さきに愛玩ドールをみつけたのはアーバンだった。それをアーバンは私に買い譲ったのだ。もし本物だったら愛玩ドールは姿を変える。しかし、偽りだったら期待をした時の絶望感は計り知れない。それに私は愛玩ドールを見つけて行く中で、幾度なく期待をして裏切られ続けた。だから初めから期待を持たない事にした。そこで私は彼を利用して、愛玩ドールかを確かめて見たんだ」
ピノはオーランドが聞かされた事実に震撼すると、全身が震え上がり恐怖を感じたのだった。
「アーバンは彼にきみを託した。そして、きみは彼の手でこの世に生きた人形として生まれたのだ。私はその話を彼から聞いて確信した。きみこそが私が長年探し求めていた愛玩ドールだということを……! だから彼には悪いがきみを返してもらう。きみのマスターは彼ではなく私だ! 彼は一時の夢を見ていたんだよ。寂しくて一人ぼっちの孤独な彼に、私は彼にきみを貸したまでだ。きみのおかげて彼は孤独から立ち直ったそうではないか。きみは本当によくやったよ。彼は両親を亡くしてから、ずっと塞いでいたからね。きみに出会えて彼は救われた。だから彼のことはもう忘れて、今度は私を救ってはくれないか――?」
オーランドの一方的な想いに、ピノは恐怖を感じると頑なに彼を拒んだ。
「ッ……! ローゼフのことを悪く言うな……! おじさんなんて嫌いだ! だいっきらい! ローゼフたすけてぇ!!」
ピノはそういって言い返すと、仕切りに彼の名前を呼んで助けを求めた。しかし、いくら呼んでも彼は来なかった。ピノが泣きわめくとオーランドはカッとなって叩いた。
「うるさい黙れぇ!」
「キャッ!」
「お前のマスターは私だ! 私の前であいつの名前を呼ぶな!」
彼はピノの顔を片手でぶつと怒鳴り声をあげた。ピノは叩かれて頬を赤くかせると、泣いて小さく怯えた。
「手に入れてそうそうなんだが、きみは私が望んでいる姿のドールではない。私の意味わかるかな?」
オーランドは不気味な顔でニコリと笑うと、ピノは耳を塞いで震えた。
「つまりきみには死んでもらう。死んで新しく私の愛玩ドールとして生まれ変わるのだ。何も一度や二度でもないだろ? きみは過去に何回生まれ変わり、何回死んだのだ? その度に幾度となく形を変えたのだ? 私は知っているよ。愛玩ドールの運命と悲劇を――。愛し愛されために生まれてきたのに、いざとなると主人との別れは辛くなるな。きみは知っているが心の底に悲しい記憶を閉じ込めているのだ。だから今回も辛いと思うが、それもやがて忘れてきみの記憶の深淵の底に沈むだろう。今きみが愛している彼の顔も、やがては忘れて思い出せなくなる。それが愛玩ドールの悲しきさだめ。運命とは残酷だな。私が何もしないで、ただ愛玩ドールを長年探してたと思うか?」
愛玩ドールの隠された悲しき秘密を暴かれると、ピノは言葉にならない声で泣き続けたのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く