少年愛玩ドール

成瀬瑛理

ローゼフが屋敷から出て行くと、ピノはガックリ肩を落として元気がなくなった。パーカスが心配して声をかけると、ピノはどこかに走り去って行った。そして、屋敷の庭園を一人で歩き、不意に秘密の花園に訪れた。そこには色とりどりの薔薇が鮮やかに咲き誇り。地面には赤い薔薇の花びらの絨毯がしきつめられていた。 ピノはその花びらが落ちている地面に寝転がると、悲しい気持ちをおさえて空を見上げて涙を堪えた。大好きな彼があの人に会いに行く――。それだけで小さな胸の奥が、ぎゅっと締めつけられるくらい悲しかった。傷ついた心に悲しみが溢れ出すと、ピノはローゼフのことを強く想った。
お願い……。ワガママはもう言わないから、帰ってきてローゼフ……。離れないで……。そばにいて……。一人にしないで……。ボクのこと嫌いにならないで……。ローゼフ……。
ピノは小さな心をいためると、彼が自分から離れていくことに悲しみと恐怖で胸が張り裂けそうだった。
一層、人形のままが良かった……。はじめから心を持たない人形だったら、こんなに悲しむことはなかったのかも知れない…――。ボクはローゼフにとって本当に大事なドールなのかな……。 ローゼフの愛がなくなったらボクは……。
ピノは酷く悲しみに胸を押し潰されると、瞳から涙を流して彼のことを思った。そこにアーバンが突然現れた。
「おやおや、こんな所に1人でいてはダメだよピノ君。ローゼフ様はどうしたんだい?」
彼の質問にピノは突然、泣き始めた。
「そうかそうか……。やはりあの方のところへ行ったのかい?」
アーバンが訪ねるとピノは泣きながら小さく頷いた。
「行っちゃったの……! ボクは行かないでって言ったのに、ローゼフはボクよりあの女の人の方が大事なんだ……! やっぱりおじさんの言うとおりだった。ボクが人形だから、ローゼフはボクのこと嫌になっちゃったんだ。だからあの女の人のところに行くんでしょ……?」
「そうだよピノ、それが普通なんだ。いくら好きでもきみと彼は惹かれてはいけない運命なんだ。人と人形じゃ、悲しい運命が待ってるだけだよ」
「この前ローゼフがボクに聞いてきたんだ……。愛がなくなったらボクはどうなるか……。ボク凄く悲しかった。きっとローゼフ、ボクを捨てる気なんだ。やっぱりアーバンおじさんの話が正しいや…――」
ピノは悲しそうにそう話すと、ションボリした表情で肩をおとした。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く