少年愛玩ドール

成瀬瑛理

不安感

「おお、一体どうしたのだピノ?」
「ローゼフが叩いた! ローゼフが叩いた!」
ピノはそう言って火がついたように泣くと、パーカスはピノを抱っこして必死にあやした。
「おーよし、よし、もう泣くのはお止めなさい」
ピノはパーカスにしがみつくと、グスングスンと悲しげに泣き続けた。
「ローゼフ様、ピノを叩いたのは本当ですか?」
「わ、私はべつに……。ただ手が、顔に少し当たっただけだ! まったくそれだけで子供みたいに泣いてみっともない…――!」
「ローゼフ様、いいですか!? ピノはまだ幼い子供です! 貴方様にはそれくらいに見えても、子供にとってはそれくらいのことでも酷く傷つきやすいのです!」
「っ……!」
「それに貴方様を慕っていたら尚更です……!」
パーカスが諭すように話すと、彼は反省してピノに手を伸ばした。
「ピノすまなかった。どうか許してくれ…――」
ローゼフがそういって手を差し出すと、その手をピノは拒んだ。そして、彼から顔を背けた。
「ピ、ピノ……!?」
ローゼフは居たたまれなくなると、椅子に置いたステッキを持って部屋から出て行った。そして朝日が昇る頃、屋敷の門の前に迎えの馬車が訪れた。ローゼフは使用人達に一言挨拶をすると、馬車に乗り込んだ。すると窓の外からピノがパーカスに抱っこしてもらいながら話かけてきた。
「ローゼフ早く帰って来てね……。あと、ワガママ言ってごめんなさい……。もうワガママ言わないから、だから早く戻ってきて……ぐすっ……」
ピノがそういって寂しそうにそう話すと、ローゼフは頭を優しく撫でた。
「ああ、すぐ帰ってくる……!」
「うん。約束だよローゼフ?」
2人はそこで約束を交わすと、小さな指切りをした。
「ではローゼフ様、道中お気をつけて行ってらっしゃいませ!」
「ああ、パーカス。留守の間、ピノの面倒をよろしく頼む。なるべく早く帰ってくる」
「ええ、もちろんですとも。ピノの面倒は我々にお任せ下さいませ」
ローゼフはパーカスに信頼を寄せると、最後に一言挨拶を交わして馬車に出発の合図を送った。するとピノは右ポケットから小袋を取り出すとそれをローゼフに手渡した。
「これ、ボクの好きなマカロンとあめ玉。ローゼフにあげる! 暇なとき食べてね?」
「ありがとうピノ。あとでゆっくり食べさせてもらうよ」
「うん……!」
ローゼフはピノからお菓子が入った小袋を受けとると優しく微笑んだ。
「では行って来る……!」
彼が合図を送ると、使えの者が馬車を走らせた。そして、馬車が門をくぐると、ローゼフは後ろ髪を惹かれる思いで自分の屋敷をあとにしたのだった――。


          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く