少年愛玩ドール

成瀬瑛理

不安感

数日後、ローゼフはピノの描いた絵を気に入り。絵を額縁に入れて自室の寝室に飾った。彼は朝早くから服に着替えると、外に行く支度をしていた。ピノは眠い目をこすると彼の寝室に寝巻き姿で現れた。
「ふぁ~あ。ねえ、ローゼフ朝からどこに行くの?」
「なんだ起きてきたのか?」
「うん!」
「まだ朝じゃないから寝てなさい」
彼は袖口のボタンを止めると一言そういって話した。ピノはキョトンとした顔で、不思議そうに彼をジッと見つめた。
「ねぇ、朝じゃなかったらローゼフはどこに行くの?」
ローゼフは突然きかれると、下を俯いて素っ気なくこたえた。
「ピノには関係ない……」
彼はそう答えると鏡に向かってネクタイを結んだ。ピノはその言葉をきくと、思わず駄々を言って困らせた。
「やだやだやだ! ボクも一緒に行く! ローゼフと一緒に行きたい! いいでしょ!?」
「ダメだ外は危険だ! いい子だから屋敷で大人しくしてなさい。いいね?」
彼は子供をあやすように説得すると、ピノはほっぺたを膨らませてふて腐れた。
「ふて腐れてもダメだ。とにかく私は用事があるのだ。今日はローザンヌ家の所に会いに行く。おそらく帰るのが遅くなるが、なるべく早く帰ってくるからパーカスの言いつけはちゃんと聞くんだぞ? 良い子にしてたらお土産を買ってくる」
ローゼフがそう話すと、ピノが足下にバッとしがみついてきた。
「やだやだやだ! いかないでローゼフ、一緒にいて!」
「ピノ…――」
「あ、あの人に会いに行くんでしょ……?」
「あの人?」
「舞踏会で一緒踊ってたあの人に会いに行くんでしょ……!?」
「ピノ、誰にそのことを……!?」
ローゼフはピノの口から出た言葉に驚いた。そして思わず動揺したのだった。
「はぐらかさないで! ボク、お土産なんていらない! お土産なんていらないからそばにいてよ! お願いローゼフ……!」
ピノはそう言って泣きじゃくってわめくと、その場で彼を困らせた。ローゼフは困り果てると、つい強めの口調で怒鳴った。
「ワガママを言うんじゃない!!」
ローゼフが不意に手で払いのけると、ピノは後ろにヨロヨロと倒れた。その瞬間、彼はハッとなって我に返った。するとピノが目の前でショックな顔で涙を浮かべていたのだった。
「ふぇっ……うっ……うっ……。ローゼフが、ローゼフが……うっ……うっ……ひっく……うぇえええええーん! ローゼフが叩いた! ボクのこと叩いたぁ! うわぁああああーん!」
ピノが大きな声を出してワンワン泣くと、パーカスが騒ぎを聞きつけて部屋に訪れた。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く