少年愛玩ドール

成瀬瑛理

不安感

ピノが拐われそうになったあの事件から、ローゼフは周りに用心した。ついでに使用人達や、門番達に、屋敷の人の出入りについては警備を厳重にする様にと伝えた。怪しい者がいたら捕まえろ。彼のただ事じゃない雰囲気に周りは恐れると、使用人達はお互いに目を光らせて怪しい者がいないかを見回りした。ローゼフが苛立つ一方、連れ拐われそうになったピノは、普段とは変わらない様子でノンキに積み木遊びをしていた。
「お前は本当に気楽だな。狙われてたんだぞ、少しは驚かないか?」
彼は呆れた様子で椅子の上で頬杖をついた。
「だってだって~! ローゼフ、ピリピリしてるんだもん! ローゼフが怒ってるのはボクのせいでしょ?」
「なっ、何をバカなことを……! もういい、積み木遊びなんかしてないであっちに行ってなさい!」
「やだよ~! まだ遊びたい! 一緒にお城作ろう?」
「私は今、一人になりたいのだ!」
ローゼフがそう言って怒鳴ると、ピノはションボリした表情で彼の部屋から出て行った。そして、居間でひとりでお絵描きをしているとパーカスが話かけてきた。
「おや、何を描いてるんだねピノ?」
「うんとね、ローゼフとボクだよ。こっちがローゼフでこっちがボク!」
ピノが描いた絵には、2人が幸せそうな笑顔で笑っていた。パーカスはその絵をみると、関心した表情で褒めた。
「ふむ、ピノは絵が上手ですね。それによく描けていますよ」
「ほ、本当に……!?」
「ええ、もちろんですとも。この絵を額縁にいれて飾られてみてはどうでしょうか? ローゼフ様も、きっとお喜びになられます」
「で、でも……。ローゼフなんか怒ってるんだもん。話しかけたらまたプンプンしてボクに……」
ピノは落書きを止めると、悲しげな瞳でパーカスに抱きついた。
「いいですか、ピノ。ローゼフ様は貴方を怪しい者から守ろうとしているのです。だから気を少々立てているだけで問題もありません」
「そ、そうかなぁ……」
「そうですとも。それに彼は貴方を必要としています。だから貴方は彼の不安を消し去るくらい、しっかりとしてればいいのですよ」
「ボクにできるかなぁ?」
「ええ、できますとも。貴方は彼の自慢のドールなのですから、もっと自信をお持ちにならなさい」
「うん……! ありがとうパーカス!」
ピノはパーカスから勇気づけられると、涙を拭いてニコリと笑った。そして、自分が描いた絵を持ってローゼフに見せに行ったのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く