少年愛玩ドール

成瀬瑛理

略奪

翌日、ピノはほっぺたを膨らませて朝からご機嫌ななめだった。ローゼフが名前を呼んでも、ピノは反応することもなく。知らんぷりんして彼の前を通り過ぎた。
「こっちに来なさいピノ、おいで!」
彼がいくら名前を呼んでも、ピノは全く返事をせずに窓の方を見てソッポを向いた。ピノは昨日のことが余程ショックだったのか、彼なりに塞ぎ込んでいる様子だった。
ボクはローゼフの愛がなくなったら動けなくなる。動けなくなったらローゼフとも遊べない。一緒に歩けない。一緒に手を繋げれない。一緒に笑えあえない。お喋りもできなくなる。思いも伝わらなくなる。ローゼフはまた、一人ぼっちになる。そしてボクは感情もなければ、何もない人形の姿に戻ってしまうんだ。そんなのは嫌だ……! ボクはもっとローゼフと一緒に……!
ピノは座り込んだカーペットの上から急に立ち上がると、ローゼフの方にバタバタと走って行き。いきなり彼の足下にしがみついてきた。
「どうしたピノ?」
「ローゼフあのね……」
ピノはいいかけた言葉を途中でやめた。
「どうしたんだ?」
「ねえ、お外で遊ぼう! かくれんぼしようよ? いいでしょ?」
「ああ、いいなそれ。よし、では一緒にかくれんぼをするか?」
「うん!」
「よし、ならパーカスも入れよう。あいつも屋敷にこもってばっかりで、余り運動をしてないからな。この機会に運動させてやろう!」
ローゼフはピノにそう話すと、パーカスを呼んで庭で3人でかくれんぼを始めた。
「ではローゼフ様、私が鬼をやりましょう」
「あ、ボクがやるボクがやる~!」
ピノは率先して手を上げると、2人はピノに鬼役を譲って隠れた。ピノは地面にしゃがむと、両手で顔を隠して数をかぞえ始めた。
「じゃあ、数えるよー。いーち、にーい、さーん、しーい……」
2人はそれぞれ近くの物陰に隠れると、合図を送った。
「もーいーよ」
「よーし、今から見つけに行くぞ~!」
ピノはしゃがみこんだ地面から立ち上がると、さっそく2人を見つけに行った。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く