少年愛玩ドール

成瀬瑛理

招待状

舞踏会から数日後、ローゼフの屋敷に手紙が届いた。差出人はローザンヌ家のクルドア公爵だった。手紙には自分の愛娘、ベアトリーチェがローゼフに会いたがっている内容だった。彼女はローゼフのことが忘れられず、部屋にとじこもって会いたいと嘆いていてた。クルドア公爵はその娘の願いを叶える為に、ローゼフに手紙を書いたと書かれていた。クルドア公爵にとってベアトリーチェは、一人っ子の愛娘だった。可愛い娘の願いごとなら、なんでも叶えてあげたいという彼の気持ちは過剰であり、いきすぎた愛情だった。そうとは知らずクルドア公爵は彼のことはお構い無しに、一方的に会いに来いという内容で終わっていた。ローゼフは彼の手紙を読むなり、頭を抱えてため息をついた。パーカスはティーカップに紅茶を注ぐと、それを彼がいるテーブルの上に置いた。
「クルドア公爵様には参りましたね。彼は自分の愛娘のベアトリーチェ様を溺愛しておりますから、手紙を断れば、あとあと面倒くさいことになりますよ?」
パーカスはそう言って彼の方をチラリとみると、何も言わずに横に立って済ました表情で咳払いをした。ローゼフは不機嫌な顔で言い返した。
「フン、お前に言われなくてもそんなことわかっている。しかし、どうも気が進まない。私に会いたいと言うなら彼女が会いにくるべきだ……!」
彼はそう話すと手紙を興味なさげに、テーブルの上に置いた。
「貴方様のお気を察して申し訳ありませんが、ベアトリーチェ様はとてもお美しい方です。確かにクルドア公爵様の一方的な手紙には不愉快を感じますが、ベアトリーチェ様は魅力溢れるお方には間違いありません。それに会いたいと言っていますし、彼女に会いに行ってみては如何でしょうか?」
「何……?」
ローゼフはパーカスのその話に目を細めると、眉間にシワを寄せて怒鳴った。
「よけいなお世話だパーカス、女なら自分でみつける……!」
ローゼフはそう言って言い返すと、紅茶を一口飲んで気持ちを落ち着かせた。
「ゴホン……。いいですか、ローゼフ様? 貴方様は偉大なるシュタイン家の名を引き継ぐ、若き伯爵様であられます。貴方様も、もう17歳になられました。もう立派な紳士でございます。そろそろ"恋"の一つくらい、してみては如何かと存じ上げる次第です」
彼のその言葉にローゼフは飲みかけの紅茶を吹き出すと突然、顔中が真っ赤になった。
「パ、パーカス……! 貴様は何をいきなり言ってるのだ……!? そ、そんなことを貴様に一々言われなくても私は……!」
ローゼフはパーカスのその話にカッとなると、つい感情的になった。そして、テーブルの上にあったティーカップを地面に落として割ったのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く