少年愛玩ドール

成瀬瑛理

舞踏会

ローゼフが彼女の手をとると、少女の心は恋する乙女のように揺れた。
「さあ、美しいベアトリーチェ。一緒に私とワルツを踊ろう」
「ええ、ローゼフ様。喜んで……!」
バイオリンの奏でる優雅な演奏に舞踏会は、華やかな雰囲気に満ち溢れた。美しい彼の瞳には、目の前にいる彼女しか映っておらず。その吸い込まれそうな青い瞳にベアトリーチェは自分の頬を赤く染めた。そして、彼との一時のダンスに夢中になって踊った。彼女にとっては、まるで夢のような魔法がかかった素敵な時間だった。周囲は2人の華やかな踊りに目を奪われた。そして、誰もが2人の踊りに視線を向けたのだった。ローゼフを追いかけてる貴婦人達は、悔しさをこみ上げながら彼女に嫉妬した。
「どうしたベアトリーチェ? 私とのダンスは楽しくないかい?」
「いえ、そんなことありませんわ……。ローゼフ様、皆が私達を見ています。なんだかわたくし…――」
ベアトリーチェは周囲の視線を気にしている様子だった。だが、ローゼフは周りの視線なんか気にせずに彼女と堂々と踊り続けた。
「いいさ、見させておけばいい。それより、私と一緒に踊ろう。ダンスはどんな時でも楽しまなくてはいけない。そうだろ?」
ローゼフはそう話すと、彼女をもっと自分の近くに引き寄せた。そして、お互いの体と体温が伝わる距離まで近くに感じたのだった。ベアトリーチェは彼を近くで意識すると、周りの視線さえも忘れてしまいそうになった。
「はい、ローゼフ様……!」
ベアトリーチェは胸の鼓動を高鳴らすと、彼に夢中になった。そして、夢のような時間があっという間にすぎると、優雅なダンスの演奏は終わった。ローゼフはダンスを終えると彼女を優しく褒めた。
「素晴らしいダンスだったベアトリーチェ、ありがとう……! 心からきみに礼を言う。それでは私はここで失礼するよ」
「あ、ローゼフ様……!」
ベアトリーチェは立ち去る彼に思わず、声をかけた。するとローゼフは何かを思い出したように彼女のもとに慌てて戻ってきた。
「おっと忘れていた」
「え……?」
彼は彼女に近づくと、そっとベアトリーチェの白い手に軽くキスをした。そして、美しい眼差しで彼女を見つめて話した。
「紳士たるものこれも礼儀作法の一つだ。すっかり忘れるところだったよ。では、美しいベアトリーチェよ、さよならご機嫌。また会う日まで――」
彼は優雅な物腰でお辞儀をすると、彼女の傍から離れてさっきいた場所に戻って行ったのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く