少年愛玩ドール

成瀬瑛理

舞踏会

彼の心配なんかよそに、ピノは初めて外に出られる喜びに感動していた。
「ピノ…――」
「何、ローゼフ?」
「服のことなんだか……」
「ボク、この服大好き! 貰った服は全部、大事に着てるよ!」
「そうか、ならよかった……」
ローゼフの思い詰めていた表情を見て、ピノは彼の袖口をクイッと引っ張って聞いてみた。
「ねー、どうしたのローゼフ。お顔暗いよ?」
「なんでもない……。いや、お前にひとつ伝えておくことがある。どんな時でも人前では肌をさらすな。お前が人形だということが直ぐにバレてしまうからな。そしたら大変なことになる。いいね?」
「うん、そうだね。ボク気をつけるよ!」
「ああ。それともう1つ言っておこう。オーランド公爵には気をつけなさい。彼は変人で人形愛好家だ。お前が生きた人形だと知られたら、彼に狙われるかも知れないからな。だからいいな?」
彼はそう言って話すと、どこか心配そうな表情で見つめてきた。ピノは膝の上に乗ると近くで話しかけた。
「大丈夫だよローゼフ。ボクはマスターだけの愛玩ドールだよ? マスターしか、好きになれないよ。それが愛玩ドールなんだからね?」
ピノは彼の方を見つめると、無邪気にニコリと微笑んだのだった。ローゼフはその言葉に頷くと、ピノの頭を優しく撫でた。
「ああ、そうだな……。お前は私だけの生きた人形だ。愛される為に生まれてきた特別な人形。だから私がお前のマスターの間は、決して離れるな。どんな時でも私の傍にいろ。いいな……?」
ローゼフはピノの髪を優しく撫でると、愛しそうにオデコにキスをした。彼の優しさが心から伝わると、不意にオデコにキスをされた。ピノは彼の然り気無いキスに頬を赤く染めて、嬉しそうな顔でローゼフに抱きついた。
「なんか最近ローゼフ優しいね……? ボク、幸せ過ぎて怖い…――」
「フッ、そのほうがお前も嬉しいだろ?」
「うん! ローゼフ大大大好き!」
ピノは笑顔で言い返すと、無邪気にギュッと抱きついた。ローゼフはピノに触れることで、少しずつ心が穏やかになっていくのを感じたのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く