少年愛玩ドール

成瀬瑛理

髪飾り

そして翌日、ローゼフはピノを連れて母親の部屋に訪れた。久しぶりに入る部屋は、そこだけ時間が止まってるように生前のままだった。2人は壁に掛けられている大きな肖像画を見上げると、ローゼフはピノと繋いだ手を握って話始めた。
「私の母上はマリアンヌと言って、とても綺麗で美しい女性だった。そして清らかで優しくて、愛に溢れた暖かい女性だった。母は私を愛してくれた。父以上に私のことを大事に育ててくれた…――」
「ローゼフ……?」
「でも、父は私を心から愛してはいなかった。たまに愛してくれる時もあったが、それは小さな思い出の一つにしか過ぎない……。私が10歳の頃、2人は事故で亡くなった。幼かった私は2人を亡くしたあと、深い悲しみに暮れながら毎日を過ごした。そして、時おりこの部屋に訪れたりもした。きっと死んだ母上が戻ってくるんじゃないかと、そんなおとぎ話でさえ心の中に描いていたんだ――。でも、いくら待っても母上は戻っては来なかった。私は両親を恋しがり、もう一度2人に会いたいと思ったばかりに、世界中から霊的な物を集めた。しかしどれもまやかし物ばかりで、亡くなった父と母に会えることはなかった。それが嘘でも、私は心のどこかでそれを信じていたかったのかも知れない…――」
「ローゼフ…――」
ピノはローゼフの悲しい過去を聞かされると、切ない表情で彼の手をぎゅっと握り返したのだった。
「――でも、そんな時にお前と出会った。お前と出会って私の心は随分と癒された。きっと母上が私にピノを引きあわせてくれたのかも知れない。私はもう孤独ではない、お前がいるから……」
ローゼフは初めて自分の思いを誰かに打ち明けると、ピノの顔をジッと見つめたのだった。
「うん、ボクがローゼフの寂しい心を埋めてあげる! ボクにもわかるよ、ローゼフの寂しい気持ち。ボクもずっとひとりぼっちで寂しかったからわかるんだ…――!」
「ピノ、お前は本当に優しいな……」
ローゼフはそう話すと、不意に優しげに微笑んだ。
「この髪飾りを母上の宝石箱に納めよう。きっと、母上の魂も安心するかも知れない…――」
「そうだね、ローゼフ!」
彼は化粧台の上に置いてあるアクセサリーが納められてるガラスケースを開いた。そしてそこに髪飾りを納めた。
「よかったね、ローゼフ。これでお母さんも安心する……あれ? ローゼフ顔から涙が出てるよ?」
ピノはそう言って彼の顔を覗くと、ローゼフは瞳から涙を流していた。
「おかしいな……。私としたことが不意に涙を流すとは、不思議なことに母上を今そばで感じた。そして私にありがとうと聞こえたような気がした」
「ローゼフ、きっとそれは気のせいじゃないかも知れないよ。ボクにも感じたよ?」
「そうか、ならそれでいい…――」
彼はそう言って返事をすると、宝石が入っているガラスケースの箱を静かに閉じたのだった――。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く