少年愛玩ドール

成瀬瑛理

髪飾り

「ただのガラクタだと思っていたが、ピノがこの鏡を見て母上と交信したとなれば、嘘ではないことがわかるな……」
「ローゼフ様……!」
「――でも、なぜ母上は髪飾りを私に渡せとピノに命じたのだろうか……」
「ローゼフ様、それは恐らく貴方様にしかるべきところにそれをおさめて欲しいと言う、マリアンヌ様の願いではないでしょうか?」
パーカスのその言葉に彼は気づかされると、うなずいて返事を返した。
「ああ、そうかもしれない。母上が大事にしていた宝石やアクセサリーは全て、あの箱に納められていた。きっとそうかもしれないな…――」
ローゼフはそう話すとピノのことを不意に思い出したのだった。
「パーカス、ピノを探そう……! きっとあの子は怒っているかも知れないが、あの子は私の大切な人形だ……! それにあの子はまだ幼い。私は謝って、あの子をこの腕で抱き締めてやりたいんだ……!」
「ローゼフ様、そうですとも……! ピノは人形ですが人間の幼い子供となんら変わりはありません。ピノには貴方様が必要なのです……! ましてや人形なら、なおさら貴方様が必要なはずです……!」
「ああ、そうだ。ピノを探そう……! あの小さな体では、そう遠くには行ってはいないはずだ…――!」
彼はそう話すと心から過ちを悔やんだ。そしてピノに会いたいと心から強く願った時、目の前で突然フォントボーの鏡が光を放った。2人は目映い光を放つ鏡に目を向けると、鏡の中にピノの姿が映りこんだ。ピノは森の大きな木の下で横たわり、雨に濡れて寒さに凍えていた。ローゼフは取り乱したように鏡に触れたのだった。
「なんてことだ……! 寒さに震えて可哀想に、早くピノを見つけてやらなくては……!」
ローゼフは胸の中が締め付けられると、自分のおかした過ちに酷く後悔した。
「ローゼフ様、きっとこの鏡は貴方様にピノの居場所を教えているのです……! 近くの森を探しましょう!」
「ああ、そうしよう……!」
2人は鏡から離れると、ピノを探しに屋敷から外に出て行ったのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く