少年愛玩ドール

成瀬瑛理

髪飾り

「――では、母上の無くした髪飾りをあの子はどうやってみつけたのだ?」
「ローゼフ様。ピノは今日、鏡の前にいたらマリアンヌ様の霊に会ったと私に話しました。そしてマリアンヌ様は、髪飾りを探して欲しいとピノに頼んだのです」
パーカスがそう話すと、ローゼフはいきなり取り乱した。
「何をバカなことを……!? 母上の霊が鏡に映っただと……!?」
「ええ、そうです。ピノは私にそう話しました」
「馬鹿げている……! 母上がピノに髪飾りを探せと命じただと!? 何故ピノなんだ……! 何故わたしではなく、ピノに母上は話しかけたのだ!?」
「ローゼフ様、どうか感情的にならないで下さい!」
「うるさい黙れ、貴様に何がわかる! こんなにも母上に会いたいと願っているのに、何故わたしではなくピノなのだ!?」
「ローゼフ様……」
彼は感情的になると、激しく憤りをぶつけて声を荒らげたのだった。
「私が思うにですが、恐らく我々には理解できない能力をピノは秘めてるのだと思います。何せピノは生きた人形です。他の人形とは違うのです――」
パーカスのその話にハッとなって我に返ると、ローゼフはそこで自分の気持ちを落ち着かせた。
「そうだな……。ピノは私の愛玩ドールだ。そして生きた人形だ。他の人形とは違う、その通りだパーカス…――」
「ええ、そうですともローゼフ様」
「私はピノになんてことをしたんだ……。きっと今頃恨んでるに違いない。私はなんて愚かなんだ。あんな幼い子に酷い仕打ちをするなんてどうかしている……!」
彼はパーカスにそう話すと、自分がしたことに初めて後悔したのだった。
「さっき鏡と言ったがその鏡とはまさか、あれのことか?」
「ええ、恐らくそうだと思います」
パーカスがそう言って答えると、ローゼフは自分の部屋から出て行き、ある部屋に真っ先に向かった。そこは彼が買って集めた骨董品を置いているコレクションルームだった。ローゼフは部屋の中に入ると、ある物を探した。
「これか……?」
「ええ、恐らくこれでしょう…――」
2人は大きな鏡の前で見上げて佇んだ。その鏡は年代物の、ビクトリアン様式のデザインだった。古ぼけた鏡の前には白い布が被されていた。ローゼフは手を伸ばすと、その布を掴んで払いのけた。
「フォントボーの鏡。通称、霊魂の鏡と言われている物だ。フォントボー家の領主が、この鏡を使って霊との交信をしていたと伝わるものだ。コレクターの間では、いわくつきの物と聞いている。アーバンからこれを買って試してみたが、鏡には何も映らなかった。それどころか霊との交信も叶わなかった」
ローゼフはそう話すと、ふと悲しげな表情で思い詰めたのだった。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く