少年愛玩ドール

成瀬瑛理

髪飾り

その日、ピノは屋敷の中を探検していた。そして、再びあの部屋に訪れた。部屋の中央に飾られていた大きな肖像画は、色褪せることもなくそこに飾られていた。ピノは肖像画の女性に見とれると、そこでジッと絵を見つめていたのだった。どこかローゼフと同じ雰囲気を持つ彼女は、まるで彼の生き写しのようだった。ピノは不意に肖像画の女性に話しかけてみた。
「ねえ、きみは誰? ボクはピノだよ。一緒にお話ししよう!」
ピノは無邪気に絵に話しかけると飽きることもなく、再びその肖像画を眺めたのだった。その頃ローゼフと執事のパーカスは居間で話をしていた。そこにピノが足音をバタバタさせて部屋に戻ってきた。
「ねぇねぇ、ローゼフみてみて!」
「こーら、ピノ今は大事なお話し中なんだ。話ならあとにしなさい。それに廊下をむやみに走るな、怪我をしたら危ないだろ?」
彼はそう言って注意すると、ふとピノに目を向けた。すると小さな手には綺麗な薔薇の形をした髪飾りが握られていた。ローゼフはハッとなると、ピノに向かって急に怒鳴ったのだった。
「ッ……!? ピノ、それは母上の大事な髪飾りだ! これをどこからもってきた!? 今すぐ答えなさい!」
普段はおとなしくて優しいローゼフだが、母の髪飾りをみた瞬間、彼は物凄い剣幕でピノに向かって怒鳴りつけた。その様子にパーカスも驚き、思わず黙った。
「ご、ごめんなさいローゼフ……! これ向こうの部屋で見つけたんだ。お、怒らないでローゼフ……ボ、ボク……ひっく……!」
ピノはそう答えると今にも泣きそうな表情だった。だが、彼の怒りはおさまらなかった。ローゼフは更に冷たく言い放った。
「フン……! 人形の癖に私から母上の大事な髪飾りを盗むとは許される行為ではないぞ!?」
「違うよローゼフ、ボクはこれを……!」
「黙れ盗っ人! お前の顔など見たくもない! 今度また盗んだりしたら、お前が入っていた鞄の中に戻してやるからな!」
ローゼフはカッとなると、持っていた髪飾りを無理やりとりあげて乱暴に突き飛ばした。ピノは彼に突き飛ばされると悲しくて泣き出した。
「うわぁああああん! ローゼフのバカーっ!」
ピノは床の上に座り込んで泣きじゃくった。 そこで黙って見ていたパーカスは、怒り狂うローゼフをたしなめると、彼は怒って部屋から出て行ったのだった。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く