少年愛玩ドール

成瀬瑛理

秘密

眼鏡をかけた白髪混じりの老人は、後ろからグイッと少年を掴むと、上に持ち上げたまま怒鳴り声をあげた。
「それはローゼフ様の食事だ! 一体どこから入ってきた盗っ人め!」
執事の格好をした老人は、少年に向かって物凄い剣幕で叱りつけた。ピノはいきなり叱られると驚いて泣き出した。
「ごめんなさい! ごめんなさい! ごめんなさい!」
「フン、謝っても無駄だ! どうせ下町の貧しい子供だろ!? お前みたいな下町の盗人の子供が格式高いシュタイン家にやすやすと入れると思うな! 入ったことを今から後悔させてやる! お前の親はどこにいる!?」
年老いた執事はそう言って容赦なく問い詰めた。だが、ピノは大泣きして返事をすることもできなかった。少年が泣き続けてると、年老いた執事は激怒した表情で再び怒鳴った。
「なんて図々しい盗人だ! なにも答えないなら今すぐ警察につきだしてくれる!」
そう言って物凄い剣幕で怒ると、ピノはワンワン泣いてローゼフに助けを求めた。
「わあぁぁぁん! ローゼフ助けてぇー!」
「お前、ローゼフ様を軽々しく呼び捨てにするな!」
ピノが火がついたように泣き叫ぶと、ローゼフは奥の部屋から騒ぎを聞きつけて慌てて駆けつけた。
「パーカス、何をやっている……!?」
彼は居間に入ると帽子とコートを脱がないまま、ひどく慌てた様子を見せた。
「これはローゼフ様、大変でございます! 今怪しい者を引っ捕らえました! こやつは貴方様のお食事を……!」
「ローゼフ助けてぇ!!」
ピノは彼の顔を見るなり、ジタバタ暴れながら助けを求めた。
「くっ……! パーカス、今すぐピノを離せ!」
ピノが激しく暴れると、パーカスは思わず左手をパッと離してしまった。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く