少年愛玩ドール

成瀬瑛理

彼の部屋

その日の夜、ローゼフは自分のベッドで眠って熟睡していた。ふと寝返りをすると、右手が一瞬何かに触れた。 その妙な温かい感触に目を覚ました。
「うん……?」
ゆっくりと瞼を開くと隣にはピノが眠っていた。ローゼフは驚いて起き上がると叩き起こした。
「おい、起きろ!」
「ムニャ……ムニャ……う~ん……ローゼフ……まだ駄目だよ……いきなりそんな……エヘ……」
ピノはベッドの上で大の字になりながら幸せそうな夢を見ていた。
「なんだこの子は……!? 一体どんな夢を見ているのだ……!?」
ローゼフはワナワナするとピノを揺り起こした。
「コラ起きなさい!」
「エへへ……触っちゃ駄目だってば……」
「早く起きろーっ!!」
突然大きな声で怒鳴られると、ピノはパッと目を覚ました。
「う~ん、ローゼフなぁに?」
ピノは眠たい目をこするとキョトンとした。
「ピノ! 寝るときはベッドの下か、鞄の中に隠れてなさいと教えただろ……!?」
「だってだって~! ベッドの下、暗いんだもん! オバケが出てきたらボク食べられちゃうよ!」
「オバケなんているわけないだろ……! もしあいつに見つかったらどうするんだ!?」
ローゼフはその話しにあきれるとピノを叱った。
「……ベッドが駄目なら、お前が入っていたあの鞄があるだろ?」
「やだよぉ! ボクはローゼフと一緒に寝たい!」
ピノはぐずるとそこで突然泣き出した。
「ワガママを言うんじゃない! 私はよくても他の使用人達はお前の存在を知らないんだ! もし見つかったら騒ぐに決まってるだろ!?」
ローゼフは怒りながらそう言って説明した。だがピノは素直に言うことを聞かなかった。一緒に眠りたいと言って駄々をこねたのだった。
「そっ、それにパーカスがお前を見たら気絶するに決まっている……! 何せお前は人形なんだからな……!?」
ローゼフのその言葉にピノはガックリと肩を落として悄気た表情をみせた。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く