少年愛玩ドール

成瀬瑛理

バスルーム

「ねーねー、ボクね。パーカスに会ってみたいな?」
ピノは無邪気に言ってくると、ローゼフは困った表情でダメだと答えた。
「……それはダメだ。お前をみたらパーカスが驚く。それに私の部屋にお前がいるのは秘密なんだ。誰にもまだ話していないんだ」
「え~どうして? 何で秘密なの?」
ピノは何も解っていないようだった。ローゼフは再び会いたいと言われると困りながら言い返した。
「とにかくダメなものはダメだ。私がいいって言うまではこの部屋からは出せない。それにお前は普通の人間の子供とは違う。お前は生きた人形だ。それを忘れるな。私はそれが心配なのだ。解るだろ?」
ローゼフがそう言って答えると、ピノは頬っぺたを膨らませていじけた。
「……じゃあ、いつになったらお部屋から出て行っていい?」
「ピノ…――」
ローゼフはピノの気持ちを解っていたが、素直にいいよとは言えなかった。パーカスにもまだ少年のことは話していなかった。ピノにそう聞かれると、ローゼフは困り果てて口を閉ざしたのだった。
「ごめんなさい……もしかして怒った?」
ピノは彼が怒ったのかと思い、顔色を伺いながら尋ねた。するとローゼフは怒ってないよと言って、ピノの頭を優しく撫でた。
「いや、怒ってはない。ただお前には不便をかけるな。パーカスとは何れ話をつける、だから今は辛抱してくれるか?」
ローゼフは困った表情でそう話すと、ピノは素直に解ったと答えたのだった。
「ピノ、お前が素直な子供で嬉しいよ。さあ、湯冷めをしないうちにお風呂から出よう――」
「うん……!」
彼はそう言って話しかけるとピノを湯船から出した。そして、白いバスタオルを被せると体を拭いて抱き寄せた。ピノはローゼフの腕に抱かれると彼の首に両手を回して無邪気に抱きついたのだった――。

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く