少年愛玩ドール

成瀬瑛理

愛玩人形

雨が降るその日、商人は屋敷に訪れた。彼は自分の部屋に閉じ籠って塞ぎ込んでいた。思い出すのは両親との懐かしい記憶だった。彼はベッドの中で 両親との思い出に浸った。
「父上母上、何故わたしを置いて天国へと逝ったのですか…――」
彼はひっそりと悲しげに呟いた。 執事のパーカスが部屋のドアの前で軽くノックすると、商人が訪れてきたことを告げた。
「ローゼフ様。商人がたった今、屋敷に訪れてきました。いかがなさいますか?」
執事の質問に彼は沈黙すると返事をした。
「今は気分が優れない、商人に帰れと伝えろ!」
「わかりました。では商人には私からそう伝えときます」
執事はドアの前で軽くお辞儀をすると、その場を離れた。
「待てパーカス、商人をここに連れて来い!」
彼が部屋の中から話しかけると執事はすぐに返事をした。
「わかりましたローゼフ様。では今から商人をここに連れて参ります」
執事はそう返事をすると、直ぐに下の階に降りて行った。そして、下で待たせている商人に話かけると青年の部屋へと案内したのだった。
商人は部屋の中に招かれると、どこかいつもより落ち着かない様子だった。彼は椅子に座ると気分が優れない様子で話かけた。
「今日は来ない約束のはずだぞ? 来るのは明後日の約束だ。それが守れないのであれば、もう来なくてもいい…――!」
彼はキツめの口調でそう伝えた。商人は雨に濡れたフロックコートを黙って脱ぐと、大きな鞄をテーブルの上に置いた。
「どうか怒るまえにこれをご覧下さい……! きっと貴方様も気に入るはずです……!」
「フン、またおかしなまやし物か? この前お前から買った水晶は役に立たないガラクタだったぞ。次は大丈夫なんだろうな……?」
彼は疑った顔でそう話すと、ベルベットブルーの青い鞄に手をかけて開けた。鞄を覗いて見ると大きなビスク・ドールが一体、中に入っていた。

          

「少年愛玩ドール」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く