宇宙の星くず

春田 よぎり

57話目 あの子はよいこ。

君は
と思っている
押し付けがましい
良くも悪くも
そんな感情だ
キラキラした服を着て
キラキラしたメイクをして
アプリで
高速の会話をして
苦しい事など
見せようともしない
ちゃらんぽらんに見えて
僕なんぞより
よっぽど傷つきやすくて
そして優しい
知っていた
努力が階段を作って
それを登るための
勇敢さと強がりがあってこそ
君がそこにいることを
その分
やたらめったら言われることが
あったことも
だから君は
いや君こそが
幸せになってくれって
思っている
傲慢にも
そう思っている

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く