宇宙の星くず

春田 よぎり

55話目 ハンドメイド

君が
君のトクベツを
創って行く
それは
キラキラ瞬いて
ぽわりとお腹に
届くだろう
それぞれに名前があって
それぞれに物語があって
それは
全て君のモノで
全て君の友達で
誰かの手に渡った時でさえ
その誰かの
笑顔さえも
君の宝になるだろう
どこかで
誰かが苦しいと言ったね
君はそれに
なんと名前をつける
どこかで
君が見た景色と
時々の涙に
君はどんな
名前をつける
君が
優しさと欲で創る
その形は   きっと
誰かのトクベツになる
誰かの夢になる
誰かの希望になる
1歩だけ外に出る
誰かの勇気になる
君の創ったそれを
指でそっと撫でて
優しい気持ちになるのだ
今日も一日
頑張ろうと思うのだ
誰かを想って
プレゼントにするかもしれない
トクベツがトクベツを繋いで
幸せへと形を変えてゆくの
それって
とても素敵じゃない?
ねぇ  君
素敵な手を持つ君
君は君を
好きではないと言うけれど
君が指先で紡ぐそれは
とても美しく
トクベツだと気付いて
君が
トクベツだと気付いて

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く