宇宙の星くず

春田 よぎり

49話目 狡い人

最初から簡単な問題だった
足し算
引き算
掛け算
割り算
小学生レベル
答えはすぐそこにあった
僕がそれから
逃げていただけ
やってみたら
案外簡単に通り過ぎるのに
その間にある
面倒くさい
夏の暑い部屋に
いるみたいな感覚に
どうも
怖気付いてしまう
未練
飛び込むことをためらう
ぶれた指先を
自分さえ
気のせいにしようと
握り込む
それを開いて
君の顔の前に突き出して
仕方ないだろうと
笑える日が来たら
僕は   きっと
外の世界を
歩いて行ける

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く