宇宙の星くず

春田 よぎり

48話目 脆弱に浸る

思い出したら
自分が
壊れてしまう気がしたから
身体の真ん中から
記憶を取り出して
大切に大切に
宝箱へと仕舞って
暗い暗い
海の底へと沈めた
そして
仕舞ってしまえば
取り出すのが怖くなった
取り出しても
それは
他人のモノみたいで
薄気味悪い
自分には
あまりにも似合わない
そんな風に思って
そこら辺にいる
可愛くて
弱っちくて
子供みたいに残酷な
お姫様たちにあげた
なぁんて
ねぇ  誰か
意気地無しな
自ら灰をかぶる
馬鹿な女の話を
どうか笑って

          

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く