宇宙の星くず

春田 よぎり

37話目 そういうこと

自分が泣いてる時は
誰も何も
言ってくれないことに
とても傷つくのに
誰かが泣いてる時
なんて言ったらいいか
わからなくて
心がその子の周りをさまよう
心臓が熱く苦しい
恋みたいだ
つまりそういうことなんだと

泣きそうになりながら思う
優しさなんて
見えなくても
聴こえなくても
確かにそこに
そう  あなたの中に
僕の中にも
あるものなんだなぁって

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く