宇宙の星くず

春田 よぎり

36話目 少女Aの危ない妄想

陸に上がった魚みたいに
過呼吸で
不死の呪いに侵されて
ただただ
無理やり生きている
バットエンドの方の
人魚姫は
生きたかっただろうか
だとしたら変わってあげたかった
僕の体で
彼に飛び込んで
拒否されても
また次があると
君の心なら立ち直れる
僕はというと
叶わないと決まった恋に
約束された死に
安心して
これで
向こうで石を積む必要は無いと
合法だと
喜び勇んで
泡になるのだろうから
これでどちらも
ハッピーエンドだ
どんなに子供が悲しがっても
ちゃんと
ハッピーエンドだ
人それぞれの幸せを
妄想
こんな所で実感する
わかってほしいと思って
肌寒い
僕の部屋
ぼやけた月を見ている

          

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く