宇宙の星くず

春田 よぎり

29話目 微笑み

どうにもならないほどに
熱くて
とんでもなく
冷たいような感情
とどめなく溢れて
そこの君
触れてしまえば
もう
元には戻れないよ
認めてほしいとは思うけれど
犠牲になってとは
思はない
どうか
どうか
幸せになって欲しいと
君も
あたしに
そう思っていてほしいと
ただ
星空に願うばかり

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く