宇宙の星くず

春田 よぎり

21話目 底辺

はるか彼方
消えていった
何がって
大切なもの
何もかもです
残っているものといったら
コンプレックスとか
愛想笑い
そんなものばかりで
余裕も何もない
諦めた表情してるね
友達にそう言われた
変わってくれよと
胸ぐらつかんで
ぶん殴ってやりたくなった
お風呂
洗っても洗っても
取れたような気のしない汚れ
底辺の気持ち


          

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く