宇宙の星くず

春田 よぎり

16話目 ひとりよがり

僕の心を
小さな棘が
チクリと刺してくる
何でもないような
日々の中で
僕らは
確かに傷ついて
なのに
可哀想なんて
ただの暴言
聞きたくなかった
カラオケボックスで
熱唱して
ストレスを追い出すこと
僕には
大切なことだった
あの子は
そんな僕を笑ったけどね
それが普通なの?
そんな空の下なら
僕には
必要ないことだね

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く