宇宙の星くず

春田 よぎり

7話目 忘れて

忘れて
みんなみんな
あたしの事なんて
忘れてよ
たまに
消えてしまいたくなる
優しい記憶だけが
ちょっぴり残って
苦しい記憶は
するりと抜けて
そんな都合の
いいことばかり考えて
夢見がちもいい所で
整形したみたいに
新しい人生の中で
あの頃のあたしが
バレるんじゃないかって
ビクビクしてる
絵本の中の魔法使いみたいに
くるくる
変身できたらいいのに
なんて
馬鹿みたいでしょう?
あの子達は
もう何も
あたしの存在すら
憶えていないかもしれないのに

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く