宇宙の星くず

春田 よぎり

8話目 Re:スタート

立ち止まった
後ろから
君の声が
つらぬいたんだ
カラにこもった
僕の心を
穴が空いて
そこから出てきた涙が
海をつくった
ぷかぷか浮かんで
昔なくした
夢や
勇気を探す
さまよって
出口は
まだ
見えないけれど
始めるには
ちょうどいいかもしれないね
辛かったことは
忘れられなくても
その思い出を
友にすることは出来る
そしたらさ
ちょっとくらいは
強くなれるでしょう
前も
どっちか分からない
だけどね
僕らは  きっと
踏み出せる

「宇宙の星くず」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く