モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)

刺身食べたい

第27話:新たな先生

 翌朝、昨日の誕生パーティーで疲れていた俺はぐっすりーー俺も自覚はしないほど深くーー眠っていた。だから、ドアが開く音なんて聞こえなかった。

「シズナ様~、起きて下さいなのです~」

 体が揺れるような感覚を味わったが、それすらも俺をさらに深い眠りへと誘う要素となった‥‥‥ぐっすり眠っているのに、さらに深く眠るというのもおかしな話だが。

「流石に疲れたのですね‥‥‥今日は起こさなくてもいいです‥‥‥というか‥‥‥この笑顔をずっと見ていたいです‥‥‥」

 次に起きたのはいつも起きている8刻より2刻ほど遅れた10刻だった。
 ふあぁぁぁ~‥‥‥眠、い‥‥‥でも、起き、な、いと‥‥‥。俺は寝間着から服に着替えた。あ、それと寝間着はであっても、ではないらしい。なんで違うのだろう‥‥‥。
 着替えた俺は自分で部屋から出て適当に歩いていた‥‥‥ただし、少しフラつきながら‥‥‥眠いせいで脳(?)、頭(?)が働かない。

 やがて、フラつきながら歩いていた俺を見かけたレマに連れてかれて遅い朝食を摂った。ちょっと久しぶりだ‥‥‥一人で食事を摂るのは(後ろにレマがいるけど)。ちょっと、寂しいな‥‥‥。

 朝食を摂り終えた俺はレマに連れていかれて父さんの執務室に連れて行かれた。この辺りから脳が働きだしたのか、少し意識がはっきりしてきて、父さんの執務室のドアの前に着いた頃には執務室から発せられる謎のやらで完全に目が覚めた。これが漫画なら後ろに効果音でも付きそうなものだ。

 レマが俺でもわかるほど緊張した様子でドアを2回ノックした。少し間が空いた頃、執務室の中から声が聞こえた。

「誰だ」

 たったの、2文字ーー漢字も含めたら3文字ーーの言葉なのに、それだけで威厳を感じさせる‥‥‥正直に言うとちょっと怖い‥‥‥今すぐ逃げ出したいほどに。

「レマです。申された通り、シズナ様をお連れしました」
「入れ」
「それではシズナ様、私は失礼します」

 ちょ‥‥‥置いてくのか!?

「頑張って下さい‥‥‥」

 おい!ボソッと小声で言ったのかもしれないが、「頑張れ」なんて無責任な事を言うなら、助けてくれよ‥‥‥怖いんだーーなんてことも言えるわけもなく俺はドアを開けて執務室の中に入った。

「今日からお前には自衛が出来るように鍛えてもらう。お前を鍛えるために指南するユニだ」

 父さんは椅子を座ったまま、隣の人を呼んだ。俺はこの時初めてこの部屋に父さんと俺以外がいることに気づいた‥‥‥それまでは父さんから発せられるオーラで気配すら感じなかった。

「ただいまご紹介に預かりました。私はユニ・バークスと申します。以後お見知り置きを」

 うわぁ~‥‥‥何か鎧らしいものを着ている外見と違ってすっごい礼儀正しい人だ‥‥‥こういう感じの人って苦手なんだよなぁ‥‥‥。

「では、今日からだが頼んだぞ」
「はい、承りました。ではシズナ様、私たちは外に行きましょう」

 そう言ってバークスさんーーバークス先生は俺を連れて執務室から出た。

「モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く