モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)

刺身食べたい

第21話:贈り物選び

 父上達が戻ってきた。早速、シズナに会いに行こうとしてマエルドに止められた。

「マエルド、何故止めた?」
「兄さん‥‥‥シズナを驚かすんでしょう?何で自分から会いに行こうとしているの?それに今シズナは気絶しているよ。兄さんの時も同じだったでしょう?」
「むっ、すまない。どうやら焦りすぎていたようだ」
「いいよいいよ。僕だって会いたい気持ちはわかるもん」
「仕方ない。夜になるまで待つしかあるまい‥‥‥」

 夜まで待ちきれない‥‥‥が、先に父上達に挨拶せねば。私はマエルドを連れて父上達に会いに行った。

「父上、母上、おかえりなさい。私たちも先程、屋敷に着きました」
「ああ、ただいた。お前から手紙が送られてきた時、びっくりしたぞ。それにしても、本当に外出許可書を貰うとは‥‥‥私も学園にいた時は何度も抜け出しーー」
「貴方、子供達の前ですよ。しっかりしなさい」
「ああ、すまぬ。兎も角、今シズナは寝ている。パーティーまでにはまだまだ時間がある。街でも観てくると良い」

 街でプレゼントでも選ぶとするか。

「ええ、分かりました。では、私とマエルドは失礼します」
「ああ‥‥‥護衛はいるか?」
「いえ、大丈夫です」

 それにしても‥‥‥マエルドは先程から何も喋らないな。気になった私は横を見た。そこにはマエルドがいなかった‥‥‥。あの弟はっ‥‥‥。

「父上、母上、私はこれでっ!!」

 私が背後を振り返り駆け出した瞬間、何者かにぶつかった。

「ああ、すまない。急いでたもの‥‥‥で」

 ぶつかった相手はマエルドだった。私の背後にいたのか‥‥‥全く気配を感じなかった。私はマエルドを立たせてから街に向かった。









 所変わって、ここは『マナルカ街』。私が生まれ育った街だ。

 シズナへの贈り物に何を買おうか‥‥‥マエルドの時は『魔石』を欲しがったので少し遠出をしてモンスターを狩ったな‥‥‥。流石に贈り物に魔石は欲しがらないだろう‥‥‥マエルドではあるまいし。まあ、マエルドは魔石を贈るようだが‥‥‥あれは魔石と言うより、一種のだ。
 我が家にも魔導具は有るが、『すいと~るくん』だったか?あれ程の性能を持つモノはない。ましてや、一人で作るなど、前代未聞だ。

 まあ、今は余計なことを考えず、シズナに贈る物を選ぼう。
贈り物を選ぶにはあのに行く方が良さそうだ。そう思い、私は商会に向かった。

ーー相変わらず、商会は人で埋め尽くされている。人気があるのは良いことだ。

 しかし、何を贈れば良いのだ‥‥‥あまり会っていないため、当然の事ながら、シズナの好みなど分からない。まあ、適当に見て行けば、一つくらいは良いのが見つかるだろう。

 『宝石』‥‥‥は要らないな。『能力巻物スキルスクロール』‥‥‥何かしらを買うか‥‥‥。『魔術書』‥‥‥重い上に嵩張る‥‥‥持ち運びに不便だな。『魔道具』‥‥‥維持に金が掛かりすぎる。『服』‥‥‥どんな服が好みか、全く分からない‥‥‥。

 実用的な能力巻物スキルスクロールを買う方が無難だが‥‥‥贈り物に能力巻物スキルスクロールは‥‥‥流石にひどいな。いざという時、金に換金が出来る宝石を買うか‥‥‥。

 しかし、何の宝石を買おうか‥‥‥何度も考えた末に私は身に付けるだけで【火魔法耐性】が付く【ファイカル】という『魔宝石』を買った。

 贈り物を選ぶのは疲れるな‥‥‥。

ーーそのあとは適当に街を周り、屋敷に戻った。


金、土、日、祝日の更新は基本的にありません。あと、10話以上は話が進みません。金、土、日を除いて毎日1話以上投稿しているので、溜まったあとの一気読みを推奨?します。
暫くはこの類いの話です。

「モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く