モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)

刺身食べたい

第2話:シズナを愛でる信者(?)

   俺は目覚めた。どれくらい寝ていたのだろう。体感的には随分と長く寝たような気がする‥‥‥大体、丸一日くらい‥‥‥。それにしても、お腹が減ったな~‥‥‥。

   暫くぼーっとしていたが、ドアが開く音で現実に戻された。あぁ、また『地獄』か‥‥‥と俺が悲観していた時、メイドの代わり母さんが入って来た。母さんが声を掛けてくるがその声は昨日の時とは違って『異質』じゃなかった‥‥‥。
   俺は異質では無くなった原因を考えた。が、途中で考えるのを止めた。別に重要な事じゃないから考える必要はないだろう。

   母さんが何かを言いながらこちらに近づき、俺をの近くまで抱き上げた。そして、見たことがない変な服をはだけて胸を曝け出した。

   えっ?まさか?嘘だろ?

   普通なら歓喜しそうなものだが、俺は罪悪感で押し潰されそうになった。何か、騙しているような感じで気が引けた。今ほど、記憶がなければよかったと思ったことはない。
   だが、お腹が訴える空腹には抗えずーー無意識にーー曝け出されている胸に吸い付いた。









   夢‥‥‥だと思いたかった。しかし、それが現実であるという事実の証拠にお腹が満腹になっていた。しかし、何故だかそこだけぽっかりと穴が空いたかの様に。俺の願いが届いて記憶がなくなったのかもしれない。

   まぁ、記憶がなくてよかったのかもしれない‥‥‥本当は少しだけ胸を触る感触がどんなものか期待はしていたが‥‥‥。こっちは男子高校生だ。気になっても仕方がないだろ。‥‥‥俺は誰に向かって言い訳しているんだ‥‥‥。

   お腹がいっぱいになったのか眠くなってきた。早く大きくなりたい。




♢    ︎   ♢    ︎   ♢





ーー▲▲▲視点

   私の名前はレマ。平民だから姓を持たないのです。私のことはどうでもいいのです。大切なのは!シズナ様のことなのです!!

   メイド長やメイドの先輩達も経験したことらしいですが、私にも専属の主人ができたのです。その時、先輩達に「あなたも経験してみるといいわ。凄く疲れるから」と言われ少し仕えるのを辞めようかな~と考えていたのですがそんな考えはに出会った瞬間、跡形もなく消し飛んだのです。

   あの方ーーシズナ様を一目見た瞬間に私は胸が苦しくなったのです。しんどくなったのではなく、シズナ様の可愛さに魅了されて虜になったのです!!

   薄く赤い髪の毛、可愛らしい寝顔、白くて小さい手、全てが天使のような可愛さだったのです!!それらに私は魅了されたのです。
   その瞬間、頭に称号を贈られた声が響いたのです。

ーーーーー
称号【可愛いものを愛でる者】が贈られました。
ーーーーー

ーーーーー
【可愛いものを愛でる者】
可愛いものを恋愛、性的な事以外で愛でる者に贈られる称号。
ーーーーー

   私はすぐに全てを悟ったのです。シズナ様を『愛でよ』と女神様が言っているのです!

   だから私はシズナ様を愛でるのです!!

ーーしかし、奥様はずるいです。シズナ様に乳をあげるとは‥‥‥私もあげたいのですが‥‥‥こんなに小さい胸だと乳もあまり出ないから仕方ないのです。

   私は自分の貧相な胸を触りながらため息をついたのです。

—————
よく考えたら妊娠もしていない女性が母乳を出せるわけないので修正しました。あと、レマの語尾を「です」に変えました。
(安易じゃない)エロを出すのって難しい‥‥‥。
—————

「モンスターのスキルを奪って進化する〜神になるつもりはなかったのに〜(修正中)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く